クラシアン依頼の前に部品交換部分を確認してみよう

部品交換が必要なのかも、これは修理してもらわないと困るというとき、24時間対応のクラシアンに依頼を考える方が多いと思いますが、この時、クラシアンに電話する前、できれば水漏れの箇所を確認してから電話する方が、部品交換時の特殊な部材など必要という時など手間がありません。

水漏れが起きている状態、その場所をクラシアンに説明することで、部品交換が必要かもしれないとクラシアンのスタッフが想像する事ができます。部品交換に必要な部品などが、普段常備していないものでも、説明をしっかり行ってくれることで必要なものをあらかじめ持っていくことができ、時間が無駄にならないのです。

例えば重いものを移動させるときに、パイプにぶつけてしまったかもしれないなど、故障の原因となったことがある程度わかっているという場合も、クラシアンにその状況を伝えることで、点検する箇所などを特定して修理できるため正確な修理ができます。

勿論原因がわからないというときや、急なトラブルで説明のしようがないなどの時には、何かを確認するなどせずクラシアンに連絡しても大丈夫です。故障している箇所を見て必要な修理、部品交換などをスタッフがしっかり考慮し作業してくれます。女性の一人暮らしの方などは急なトラブルで心細い状態というときもありますので、こうした場合は即連絡して、トイレで水があふれている、キッチンのシンク下が水でいっぱい等の説明をするだけで充分です。